忍者ブログ
適当に書けばいいとおもうのであーる。
★ADMIN★
  ★ カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
  ★ カテゴリー
  ★ フリーエリア
  ★ 最新コメント
  ★ 最新トラックバック
  ★ プロフィール
HN:
HP:
性別:
非公開
職業:
大学生
趣味:
中途半端に色々手を出すこと
自己紹介:
超暇人。
変な人とはよく言われない。
  ★ バーコード
  ★ ブログ内検索
  ★ 最古記事
(11/14)
(11/18)
(11/21)
(11/22)
(11/23)
  ★ アクセス解析
  ★ カウンター
[12] [11] [10] [9] [8] [7] [6] [5]
★2018/09/26 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

★2006/12/08 (Fri)

neko.jpg

 

猫は言いました。

「どうやら人間という生き物は、生きる目的が死ぬことであるということを知らないらしい。僕達が日々死に向かって努力しているというのに、人間ときたら、どうやって生きればいいかということばかり考えている。そのうえ死を怖がるときたもんだ。死ぬためには生きねばならぬ。僕達は自殺なんてしないからね。死ぬために子供を作り、死ぬために食事を食べ、死ぬために寝る。僕達は眠いから寝てるんじゃない。死への予行練習として寝ているんだ。そのへんをどうやら、人間は誤解をしている。だから黙って、エサを出してくれればいいんだ。」

鼠は言いました。

「どうやら猫という生き物は、生きる目的などは何もないということを知らないらしい。僕達は何も目指していない。ただ生きているだけだ。そこにドブがあるから泳ぐ、そんな簡単なことなんだ。ただ生きる、ということは、ただ死ぬということと同じだ。死ぬことも生きることも、区別も境界線も縄張りも何もない。だから僕達は、ただ生きる。ただ生きる。ただ生きる。ただ死ぬ。ただ死ぬ。ただ死ぬ。エサなんていらないよ。そこにあったら勝手に食べるから。空気なんていらないよ、なくても死ぬだけだから。僕達はどこだってなんだっていいんだ。」

 

鼠と猫と

人間。

 

人間は言いました。

 

どうやら、僕達の生きる目的というのは

誰かが決めたらしい。

 

僕達は

 

生きているんじゃなくて、生かされているんだ。

 

自由意志なんて存在しない。

 

目的を知ることもない。

 

 

僕達は

 ただ死ぬだけなのに

 死ぬために生かされて

 その上、生きることを強要される。

 

だから

 食事とSEXと睡眠が与えてくれるものが僕達にとっては生きるすべてであるように思えるのは

 間違いではなかった。

PR
この記事にコメントする
name★
title★
color★
mail★
URL★
comment★
password★ Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする★
忍者ブログ [PR]

★ ILLUSTRATION BY nyao