忍者ブログ
適当に書けばいいとおもうのであーる。
★ADMIN★
  ★ カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
  ★ カテゴリー
  ★ フリーエリア
  ★ 最新コメント
  ★ 最新トラックバック
  ★ プロフィール
HN:
HP:
性別:
非公開
職業:
大学生
趣味:
中途半端に色々手を出すこと
自己紹介:
超暇人。
変な人とはよく言われない。
  ★ バーコード
  ★ ブログ内検索
  ★ 最古記事
(11/14)
(11/18)
(11/21)
(11/22)
(11/23)
  ★ アクセス解析
  ★ カウンター
[9] [8] [7] [6] [5] [4] [3] [1]
★2018/09/26 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

★2006/11/21 (Tue)

7eaf613fjpeg

暖かい部屋から、外に出る


そこには見慣れた風景があり、吸い慣れた空気がある。
暗くなった道には、見知らぬ人が陰を仲良く落としながら歩いていく。
乾いた風は髪を撫でて、ただ過ぎ去っていくのみ。

というのは

どこか別れの匂いがする。


家族や、恋人。友達、他人
全てが、本当に自分のそばにあるものなのか。
ひょっとしたらそんなものはもうどこにも存在してなくて、自分だけが寒さに耐えて存在しているのではないだろうか。


そんな孤独な季節だ。

他人が暖かく見えるのは
自分の体が冷たいから?

他人が幸せに見えるのは
自分が不幸せだから?

そんな馬鹿なことがあってたまるか

幸せとか。暖かさとか。
抽象的、かつ、なんらかの確信めいたものは自分の周りに何一つない。
あるとしたら、それは、それらが失われるまでのカウントダウンの鼓動だ。

他人の鼓動を聞いたとき

別れ を感じるのだ。
幸せはそこにあったのだ。



PR
この記事にコメントする
name★
title★
color★
mail★
URL★
comment★
password★ Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする★
忍者ブログ [PR]

★ ILLUSTRATION BY nyao